社会人になって一番最初に加入するのが定期保険だったりする 

社会人になると今まで経験したことがないような世間の常識などがわかったりして戸惑うことがあるものです。
そのひとつは保険でしょう。社会人になったら社会人としての責任とでも言うべきもののように生命保険の話を進められたり、家庭においても親から小さな保険で良いから保険の一つくらいは入っておきなさいという話をされたりします。
そうした中で実際に保険に加入しようと検討をしだすのですが当然、縁がなかった保険のことなんかはまったく見当もつきません。

 

それこそ言われるがままに加入してしまうということも多いのではないでしょう。
その社会人になって始めて入る保険の多くは定期保険であるという場合が多いようです。
定期保険は保障される年齢が決まっているのと、一定期間、5年であったり10年で保障期間が終わるものです。社会人になったばかりということであれば独身でしょうし、守るものも己自身のみということが多いでしょうから大した金額の保障もいりません。
そのため、掛け金も安く設定されていることが多く定期保険を選択する場合が多いのです。
当面は定期保険のみで十分ですが家庭を持ったり環境が変わったときには終身保険などを検討することは必要となってきます。

子供ができたら保険金を増額すべき

生命保険は家族構成の変化や自分の年齢などに応じて数年おきに見直しを検討するのがよいとされています。特に人生の節目には環境が色々と変わってくるのもです。
最初は自分だけのことしか考えなくても良かった状況から家庭を持ち配偶者や子供のことにも気をまわさないといけないような状況に変化をしてきます。
そうした自分の置かれている状況をよく把握して生命保険に関してもその都度、見直しをしていかなくてはいけないのです。

 

それはある意味では親としての責任とでも言うべきものだと言えるでしょう。子供ができたら保護者になるわけです。
子供が成人するまでしっかりと見守っていかなければいけません。
そのためには自分自身も元気で働いてお金を稼いで生活をしていくことが必要です。
もしも怪我をしたり病気をしたり、万が一にも死亡をしたりしてしまったらそれこそ配偶者や子供は路頭に迷ってしまうことになってしまいます。

 

そんなことが起こらないように万が一に備えて保険金の増額は子供が生まれたらしておくべきです。子供が成人するまで何とかなるようなお金を保障できるに越したことはないのです。

子供ができるまで保険金を増額する必要は無い

生命保険というものは万が一のときに、それこそ死亡したり重度の後遺症が残るような状態になったときに保険金を支払ってもらったり、病気や怪我で入院したときに保障を受けることが出来るように、加入するものです。
ですから、自分の置かれている状況において万が一の場合の必要金額は変わってくるのです。つまり生命保険の見直しが必要になります。

 

独身であれば自分自身さえ困らなければよいわけですから必然的に保障は控えめで掛け金も安く抑えることとなるでしょう。
特に若いときは保険に大きなお金を掛けることが出来るほどの余裕はないものです。まずは生命保険の新規加入が必要で、よほどのことが無い限り保険を見直すことはないでしょう。

 

結婚をすると配偶者が出来ます。
そうなってくると自分のみならず配偶者が万が一の時には困らないようにしておく必要があります。多少は保障の大き目の保険に入った方が良いかもしれません。
ただし、子供ができるまでは、現代は二人とも働く共働きが一般的です。
保険にお金をかけるよりも他の事にお金をまわすことを考えたほうが良いかもしれませんので、夫、妻それぞれが自分を保障できる生命保険に加入して入れば、わざわざ見直す必要はありません。。
特に二人とも若いのであれば万が一のリスクはかなり低いはずです。
入院保障などはしっかりとつけたほうがよいですが保険金の増額は子供ができてからで十分といえるのです。
生命保険の見直し方法はコレ!見直しで保障を厚く安く理想的にというサイトも参考になるかもしれません。

貯金がある程度あれば医療保険はいらないと思う

生命保険の中でも医療保険というものは病気や怪我で入院をしたときに、その期間に応じて保障をしてくれる保険です。
基本的には入院1日辺りの保障額や手術を受けたときの保障とか、生活習慣病で入院したときの保障などを行ってくれる保険となります。

 

最近、この医療保険に関してはある程度の貯蓄があるのなら加入する必要がないということが言われる場合があります。
確かにそれなりに大きな蓄えがあるのであれば毎月、いざというときのために掛け金を払うという行為はムダになる可能性もあります。
毎月の掛け金ほどに果たして入院時にお金がかかるかということなのです。

 

近年では高額医療費に関しては国がかなりの部分を負担してくれる制度があったり、サラリーマンなら疾病手当金の支給があったりと昔より医療費負担は軽減されていると言うことはいえるのです。
ですから考え方によっては確かに医療保険に入らなくても貯蓄がある人なら大丈夫だと言うことも言えるのです。
なのに、どういうわけか生命保険会社は高額医療費の還付には一歳触れずにガン保険や医療保険の新規加入や見直しの宣伝ばかりします。

 

確かに、末期ガンの治療で体を切らずにがん細胞だけを消し去る、厚生労働省認可の「先進医療」の技術料は300万円するものがありますので、金額の安い医療保険に加入しておく必要はあるかもしれませんし、この先進医療についての特約目当てで医療保険やガン保険の見直しを考えるのもアリかもしれません。

 

このあたりは難しいところです。考え方一つです。
ただ、本当にかなりの財力があると言う人なら確かに不要だと言うことは言えるかもしれません。

40歳くらいから年金保険に加入するのがいいかも 

近年、年金といえばもらえるかどうか分からない、受給年齢が上がって不安という声が多く見られます。
確かに現在の日本の財政を考えると、しっかり払ったからといって老後を保証してくれるだけの年金をもらえるとは考えずらいのも事実です。

 

そこで注目されているのが個人の年金保険です。
企業が行っている保険の一種で、国の年金とはまったく別物になります。たとえば自分が死亡した後の生命保険や病気、けがを保障してくれる医療保険などを利用している方は多いと思います。仕組みはそういった保険に似ています。

 

年金保険では毎月保険金を支払い、受け取り方に応じた受給をするといった形です。受け取りの形は色々あり、受け取り期間に達してから死亡するまでの終身年金や被保険者の生死にかかわらず受け取れる確定年金、決まった期間内かつ被保険者が生存している場合のみ受け取れる有期年金など目的に応じた契約で利用できるようになっています。
利点としては定期預金に近いものなので確実に戻ってくること、欠点としては保険会社の経営に左右されるという点が挙げられています。

 

 

 

注目しよう 生命保険の専門家に無料相談して、無駄の無い保険に!

 

保険マンモスHP

 

保険マンモス

 

熟練のファイナンシャルプランナー(FP)資格保持者があなたのオタクや会社に来てくれる超便利サービス!もちろん生命保険相談は何度でも無料!

 

保険クリニックHP

 

保険クリニック

 

知名度は若干低めですが、15年も生命保険の相談を続けている実績が凄い。店舗相談訪問相談のどちらでも可。保険相談は何回でも無料!

 

ほけんの窓口HP

 

ほけんの窓口

 

有名なので派手に見られがちですが、実は超紳士的な保険相談。日本一を誇る店舗数が魅力。生命保険の無料相談はまさに何回でも無料!


このページの先頭へ戻る